カラオケを強要するハラスメントと苦手な人の断り方や過ごし方を紹介!

カラオケ 強要 ハラスメント 苦手 断り方 過ごし方

忘年会や新年会
歓送迎会にいろんな行事の打ち上げ

宴会の後の二次会といえば
「カラオケ」
が定番ですよね。

でもこのカラオケ
歌が苦手な人にとっては
苦痛な時間でしかありませんよね。

何とか断る方法はないのでしょうか?

そこで今日は

・カラオケを強要するハラスメントとは?
・カラオケが苦手な人の断り方は?
・カラオケが苦な人の過ごし方は?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

カラオケを強要するハラスメントとは?

忘年会や新年会
歓送迎会にいろんな行事の打ち上げ

宴会や飲み会の二次会といえば
「カラオケ」が定番ですよね。

でも歌が苦手という人や
人前で歌うのは嫌
カラオケの雰囲気が嫌い

などという人には
苦痛の時間でしかないですよね。

「カラハラ」という言葉を知っていますか?

「カラオケ・ハラスメント」の略なんでが
カラオケによる嫌がらせということ

つまり嫌がる人に
無理やりカラオケを強要することなんです。

強要する人が上司だったりすると
パワハラにもなるんですよね。

まぁ、カラオケを勧める本人は

自分がカラオケ好きなので
みんなカラオケが好きだと勘違いして
ただ遠慮しているんだろう

とか

自分だけ歌うのも気が引けるし
歌わない人にも歌う場を作らなきゃ

とか善意で勧めていることも
多いのでしょうが…

カラオケが嫌いな人にとっては
嫌がらせにしか思えないんですよね。

「歌が苦手だから」とか
「場の雰囲気を壊しちゃうから」とか

カラオケに行く
誘いの時点で断ろうとしても
酒の酔いも手伝って

「一緒に行くだけでいいから」とか
「ちょっと付き合うだけでいいから」とか

強引に誘われて断り切れなくて
カラオケに行ってみると

「あれ、歌わないの?」
「一曲だけ歌わない?」

と話が違うじゃんというほど勧めてくる。

挙句の果ては
「みんな楽しんでるのに空気読めないの?」
的な扱いをされてしまったり。

この「カラハラ」を
どううまく乗り切るのかが
カラオケが苦手な人にとっては
問題なんですよね。

カラオケが苦手な人の断り方は?

カラオケの誘いを
断れずについてきてしまった…

「私、歌いません」
とストレートに言ってしまっては
場の雰囲気を壊してしまいますよね。

そんな時はどのように
断ればいいのでしょうか?

・「カラオケが苦手」と普段から公言する

普段から「カラオケが苦手」と
ことあるごとにアピールしておきましょう。

カラオケに誘われた時も
断る理由にもなりますし

断れずにカラオケに
行ってしまった場合でも

「○○さん、カラオケ好きじゃなかったよね。
無理に歌わなくてもいいんじゃない」

と助けてもらえることも多くなります。

・「のどの調子が…」と体調不良を訴える

風邪をひいてしまって喉の調子が良くない
などと体調不良を理由にして
断るのもありですね。

体調悪い人に無理強いする人は
よほどでない限りいません。

宴会前から体調が悪い雰囲気を
作っておくと完璧です。

・歌が好きな人に任せる

無理に歌わせようという人は
歌が好きで自分が歌いたい人です。

「○○さん、歌がうまいですよね。
もっと聞かせてください!」

「○○さんの声、いいですよね。
○○が歌う△△聞いてみたいです。」

などとうまくおだてて
歌わせようとした人や
歌のうまい人に歌ってもらいましょう。

・早めに一曲歌ってしまう

これはある意味裏技です。

「早めに一曲歌ってしまう!」
ことが一番簡単に
カラオケを強要されることから
解放される方法かもしれませんね。

人前で歌うことが嫌いな人に
早めに歌えとは
ハードルが高いかもしれませんが

歌わないから
歌わせようと執着されるので

一度歌ってしまえば
あなたへの興味はなくなってしまいます。

自分が歌いたい人のばかりなので
一度歌ってしまえば
あとは歌えと強要することはありません。

思い切って早めに一曲歌ってしまう
というのはどうでしょうか?


スポンサーリンク

カラオケが苦な人の過ごし方は?

カラオケに連れたいかれてしまった。

歌うのを断りつつ
何とかやり過ごしているのけど…
この時間をどう過ごしたらいいんだろう?

とまたも悩んでしまいますよね。

そうなんですよね。

どう過ごしていいかわからなくて
つまらなそうにしているから
よけい歌うように強要されるんです。

勧めるほうは

つまらなそうにしていないで
一緒に楽しもうよ!

と善意のつもりで勧めてくるから
困ってしまうんですけどね。

この憂鬱なカラオケの時間を
どう過ごしたらいいの?

そう「一緒に楽しもうよ!」と
歌を勧めてくるのだから

そのカラオケの場を楽しめばいいんです。

他の人の歌お聞きながら

・笑顔で手拍子をする
・首や体を揺らして楽しそうにする
・体全体でリズムをとる
・楽器などで盛り上げる

など自分は歌わないけど
思いっきり楽しんでますよ!

という過ごし方をすると
無理に勧められることもなくなります。

また飲み物のオーダーを取ったり
他の人が歌う曲をすすんで入れてあげる

などのお世話役に徹して
忙しそうにしている感を
アピールするのもいいですね。

カラオケを強要するハラスメントと苦手な人の断り方や過ごし方を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・カラオケを強要するハラスメントとは?
・カラオケが苦手な人の断り方は?
・カラオケが苦な人の過ごし方は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

歌が嫌いな人にとっては

カラオケに誘われたり
カラオケの場で過ごすことが

苦痛で仕方ないですよね。

意を決して
早めに一曲歌ってしまうのも
一つの方法です。

また苦手なカラオケでも
歌うことはうまく断りながら

カラオケの場は
思い切り楽しんでみませんか?

楽しそうなあなたを見て
無理に歌を強要する人はいません。

同じ時間を過ごすなら
心からカラオケの時間を
楽しんでくださいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする