ヘッドライトの黄ばみの原因と黄ばみ落としの方法やおすすめはこれ!

ヘッドライト 黄ばみ 原因 黄ばみ落とし おすすめ

どんなに大切に乗っている車でも
月日が経つにつれて気になってくるのが
ヘッドライトの黄ばみ。

いくら洗車したりワックス掛けしたり
ボディーをピカピカに仕上げても
ヘッドライトが黄ばんでいるだけで
車が古めかしく感じてしまいますよね。

そこで今日は

・ヘッドライトの黄ばみの原因は?
・ヘッドライトの黄ばみ落としの方法は?
・ヘッドライトの黄ばみにおすすめはこれ!

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ヘッドライトの黄ばみの原因は?

車のヘッドライトは
昔はガラスで作られていたので
黄ばむということはありませんでした。

最近の車のヘッドライトは
ポリカーボネートという
樹脂素材で作られています。

ポリカーボネートを使うメリットは

・加工が簡単にできる
・軽量
・ガラスより数百倍硬い
・割れてもガラスほど破片が飛び散らない

ということで
近年ではほとんどの車のヘッドライトは
ポリカーボネートで作られています。

デメリットとしては

・紫外線に弱い

ポリカーボネートは紫外線に弱く
表面が劣化しやすいんです。

新車のヘッドライトには
特殊なコーティングがされていて
ポリカーボネートの
劣化を防いでいるんですが

このコーティングも
年とともにはがれてしまうために
ポリカーボネートの
劣化が始まってしまうんですね。

ポリカーボネートの劣化が始まると
黄ばんで表面が傷つき

その傷に汚れが付着することで
さらに黄ばんでしまう

という悪循環になってしまうんです。

その状態が長く続くと
ポリカーボネートの傷に入りこんだ汚れが
焼き付けられてしまい
簡単に落とせない
黄ばみになってしまうんですね。

スポンサーリンク

ヘッドライトの黄ばみ落としの方法は?

ヘッドライトの黄ばみ
どうしたらとることができるんでしょうか?

それでは一般的な
ヘッドライトの黄ばみ取りの方法
を紹介したいと思います。

ヘッドライトの黄ばみの原因は
表面の傷に入りこんだ汚れなので

ヘッドライトの黄ばみをとるには
劣化して傷ついたヘッドライト表面を
削ればいいんですよね。

そして表面がきれいになったら
紫外線の劣化や傷がつかないように
表面をコーティングすれば

黄ばみを予防し
長持ちさせることができます。

その工程は

1.耐水ペーパーで磨く

耐水ペーパーでこまめに水をかけながら
ヘッドライト表面を削っていきます。

粗目(例えば#1000)

中目(例えば#1500)

細目(例えば#2000)

と目の粗い耐水ペーパーから
目の細かい耐水ペーパーへと
順に削っていきます。

黄ばみが薄いようなら目の細かい
耐水ペーパーからでも大丈夫です。


2.コンパウンドで磨く

黄ばみを耐水ペーパーで削った後は
コンパウンドで磨いていきます。

細目(例えば#3000)

ごく細目(例えば#7500)

超微粒子(例えば#9800)

と順に研磨していきます。

コンパウンドセ研磨するときは
コンパウンドの粗さによって
スポンジは変えるようにします。

大きい粒子コンパウンドで研磨した後
大きい粒子がついたままのスポンジで
細かい粒子のコンパウンドを使っても
仕上げに傷が入ってしまいます。

スポンジはコンパウンドの種類によって
必ず変えるようにしましょう。


3.コーテイングする

ヘッドライトの表面を研磨して
きれいに黄ばみを落としても

表面を保護しなければ
またすぐに黄ばんでしまいます。

そこでヘッドライトの表面を
コーティングして
保護する必要があります。

市販のコーテイング剤は
効果も値段もピンからキリまであります。

また値段が高いから効果が長続きする
というわけでもありません。

コーティング剤選びにいは
十分な注意が必要です。




ヘッドライトの黄ばみにおすすめはこれ!

ヘッドライトの黄ばみ取りの
作業手順はわかりました。

でも手作業ですると大変そうですよね。

無精者の私は

もっと簡単にヘッドライトの黄ばみを
とることはできないのかと
いろいろ調べた結果

家庭にあるものでとても簡単に
ヘッドライトの黄ばみをとる方法を
見つけました。

表面を研磨して黄ばみを取るために
よく用いられるのが

・耐水ペーパー
・コンパウンド
・ピカール

などですが
今回私が用いたのは…

「お風呂ルック」

そう浴室洗剤なんです。

浴槽も樹脂素材でできていることも多く
ヘッドライトの黄ばみ取り磨きにも
相性がいいんですよね。

私の車自体が古いものなので

いかに予算をかけずに
ヘッドライトの黄ばみをとるか

を考えた末に選んだのが
「お風呂ルック」だったんです。

「お風呂ルック」の成分は

研磨剤50%
界面活性剤
(6% 脂肪酸アルカノールアミド)

となっていて
ミクロの研磨剤が入っています。

「お風呂ルック」で
磨いた効果はごらんの通りです。

ヘッドライト 黄ばみ 原因 黄ばみ落とし おすすめ2お風呂ルックで磨く前

ヘッドライト 黄ばみ 原因 黄ばみ落とし おすすめお風呂ルックで磨いた後

ただこの状態だと表面には
まだ細かい傷がついているために
また黄ばみが出てきてしまいます。

本来ならこの後に
コーティングすれば長持ちするのですが

洗車をするたびにヘッドライトを
「お風呂ルック」で磨くだけなので

コーティングはしなくても黄ばみを防げて
きれいな状態を維持することができます。

少なくとも3カ月に一度は
「お風呂ルック」で
ヘッドライトを磨くようにしていますが

ヘッドライトは黄ばまずに
きれいな状態を維持できています。

自己責任になってしまいますが

手軽にヘッドライトの黄ばみを防げるので
試してみてはいかがでしょうか?

ヘッドライトの黄ばみの原因と黄ばみ落としの方法やおすすめはこれ! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・ヘッドライトの黄ばみの原因は?
・ヘッドライトの黄ばみ落としの方法は?
・ヘッドライトの黄ばみにおすすめはこれ!

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

愛車が古ぼけて見えてしまう
気になるヘッドライトの黄ばみ。

コーティングが剥げてしまい
ポリカーボネートが
劣化することによって
黄ばんでしまうんですね。

1.耐水ペーパーで磨く
2.コンパウンドで磨く
3.コーテイングする

するとヘッドライトの黄ばみを
とることができます。

手軽で簡単に済ませたい人は
「お風呂ルック」で洗っても
ヘッドライトの黄ばみはきれいになります。

コーティングしないと
すぐに黄ばんでしまうので

洗車する時に一緒に
ヘッドライトを「お風呂ルック」で
洗ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする