中古車選びで走行距離と年式はどちらが優先かと注意することを紹介!

中古車 選び 走行距離 年式 注意

中古車を購入しようと思ったとき
中古車選びで迷うのは

「走行距離」「年式」
どちらを基準に選んだらいいの?

「走行距離」はどれくらいまでなら
買っても大丈夫なの?

ということだはないでしょうか?

そうなんですよね

中古車選びには
「走行距離」と「年式」が選ぶめの
大きなポイントになるんですよね。

そこで今日は

・中古車選びで走行距離は重要?
・中古車の選び方で年式は?
・中古車選びで注意することは?

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

中古車選びで走行距離は重要?

中古車を選ぶ時
何に気を付ければいいのかな?

って悩んでしまいますよね。

よく中古車を選ぶポイントは

「走行距離」
「年式」
「車の状態」

とか言われますが…

選ぶ基準がわからなくて
悩んでしまうんですよね。

そんな中

中古車選びでまず気になるのは
「走行距離」ではありませんか?

車の走行距離だけでいえば
走行距離が短いほうが
車の消耗は少ないと考えられます。

一昔前は車の寿命は
10万キロ10年といわれていました。

そのために中古車市場では
10万キロや10年落ちの車は
極端に購入価格が下がります。

でも今の日本車は外国では
20万キロ、30万キロ走っている
現役の車が多くあります。

国内でもタクシーの寿命は
40万キロともいわれているんですよね。

車を移動手段だと割り切っている人は
あえて10万キロ越えや
10年以上前の中古車を選ぶ人もいます。

ただ10万キロを超えると気になるのは
タイミングベルトや
あとサスやブレーキなどの
消耗品の交換ですよね。

あえて安く中古車を買おうと思うなら
12万キロくらいの中古車で
消耗品を確実に交換している車を選ぶのも
一つの方法です。

ただし一つ
気を付けなければいことがあります。

それは走行距離ではなく
その中古車がどのように乗られていたか
ということなんです。

タクシーの寿命が
40万キロといわれるのは
きちんとメンテナンス
されているからなんです。

オイル交換や消耗品の交換などの
メンテナンスがされていない中古車は
やはりそれなりのダメージが
あると思われます。

安く購入しても
故障して修理代が多くかかってしまった
などということはよくある話です。

走行10万キロでも

・車庫保管
・定期的なオイル交換
・定期的なディーラー整備
・無理のない運転
・手洗いで洗車

という扱いをされていたなら
かなりいい状態の中古車である
可能性が高いですよね。

走行距離には10万キロ超えていても
気にすることはありませんが

その中古車がどのように乗られていたか
はしっかり確認する必要があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネットに騙されない本当の中古車選び [ 野瀬貴士 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/12/26時点)

中古車の選び方で年式は?

「走行距離」「年式」
どちらを優先的に考えればいいの?

という方も多いようです。

これも一概にどちらとは
言えないんですよね。

年式と走行距離の関係は
1年で8000キロ~1万キロ
を目安に考えます。

例えば5年前の中古車で
走行距離3万キロという中古車が
あったとします。

そんなに走行してないし
エンジンのダメージも少ないのでは?

と考えれれるかもしれませんが

もしかしたら最初の3年間は
普通に使用されていたにもかかわらず
後の2年は雨ざらしのまま
放置されていたとしたら…

エンジンだけでなく内装やボディーにも
ダメージがあるかもしれません。

同じように5年前の中古車で
走行距離が10万キロという中古車も
必要以上にハードに使用されていた
可能性もあります。

なので「走行距離」と「年式」
どちらを優先して考えるか
というよりも

1年で8000キロ~1万キロ
を目安と考えて

走行距離が極端に少なすぎる
あるいは極端に多すぎるという場合には
注意する必要がありますね。

「年式」だけで考えれば
やはり年式が新しい車のほうが
値段は高い傾向にあります。

機能や装備が良くなっていたり
燃費がようなっていたり

することが多くありますよね。

ただ同じ年式でも走行距離によって
値段が変わってきます。

同じ車種同じ年式の中古車でも
予算に合わせてコンディションのいい

「走行距離」の長い車を選ぶのも
一つの方法かもしれませんね。


スポンサーリンク

中古車選びで注意することは?

中古車の値段を決める大きな要因に
もう一つ「修復歴」
というものもあります。

簡単に言えば事故車かどうか
ということなんですが

「修復歴」がある中古車は
値段が安く設定されます。

事故車でもきれいに修復さいれば
素人が見た目だけで
わかるものではありません。

走行に差しさわりがない「修復歴」から
けっこうひどいものまであります。

購入する際には
しっかり確認することが大切です。

他にも確認しなければいけない
ポイントとしては

・アイドリングの音は一定か
・エンジン音に異常はないか
・走行中ハンドルがぶれないか
・手を放してもまっすぐ走るか
・ギアチェンジはスムーズか
・ボディーや底面に錆はないか
・雨漏りはないか
・エアコンは効くか

などはチェックする必要があります。

が…

なかなか素人にチェックできる
ものじゃないんですよね。

もし予算があるのなら

・走行距離が少ない車
・年式が新しい車
・車のボディーや内装がきれいな車

をディーラーが経営する中古車センター
で購入することが一番安心できる
中古車購入方法かもしれません。

中古車選びは素人では
判断できないことが多くあります。

予算があまりなくて
「走行距離」が長く
「年式」も古い中古車しか購入できない
というような場合は

信頼できる中古車販売店を見つけることが
中古車購入で失敗しないための
一番のポイントではないでしょうか?

売りっぱなしであとは知らない
という業者も少なくありません。

きちんとユーザーの立場に立って
正直な仕事をしているお店を探すのが
中古車購入で一番大切なことになります。

中古車購入は信頼できる業者を
探すことから始めてくださいね。

中古車選びで走行距離と年式はどちらが優先かと注意することを紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・中古車選びで走行距離は重要?
・中古車の選び方で年式は?
・中古車選びで注意することは?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

「走行距離」「年式」の他にも
「車の状態」「修復歴」など

中古車選びには
いろんなポイントがあります。

大切なのはその中古車が
今までどのように扱われていたか
ということになります。

まずは信頼できる中古車販売店か
どうかをしっかり見極めることが
一番大切なことになります。

あなたにピッタリの車が
見つかることをお祈りしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする