車のフロントガラスの霜取り方法!お湯は危険?対策も紹介!

車 フロントガラス 霜取り お湯 対策

寒い冬の朝に
車のフロントガラスが真っ白!

いざ出かけようとしても
すぐには運転できないし
どうしよう…

と悩んだ経験はありませんか?

そこで今日は

・車のフロントガラスの霜取り方法は?
・車のフロントガラスの霜にお湯は危険?
・車のフロントガラスの霜対策を紹介!

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

車のフロントガラスの霜取り方法は?

冬の寒い朝に車のフロントガラスが
真っ白に凍っていた

なんていう経験はありませんか?

冬の夜気温が下がることで
フロントガラスについた空気中の水分が
凍結してしまっているんです。

そのままじゃ前が見えなくて
運転することができませんよね。

どうやってフロントガラスについた
霜を取り除けばいいのでしょうか。

・「デフロスター」を使う

車のエアコンを
フロントガラスが曇った時に使う
「デフロスター」にします。

フロントガラスに向けて
温かい風が出て霜を溶かしてくれます。

エンジンが温まって温かい風が
出てくるまでに時間がかかるため

薄い霜なら効果は割と早く出ますが
厚い霜になるとしばらく
時間がかかったしまいます。

急いで車を走らせたい場合は
他の方法と併用したほうが無難です。

・ヘラで霜を取り除く

霜をとるための専用のヘラ
「霜取りスクレバー」で削り取ります。

時間と体力がかかってしまいますが
一度買っておけば
何度でも使うことができます。

力の加減をしないと
傷つけることもあるので注意しましょう。

・ぬるま湯や水をかける

ぬるま湯や水をフロントガラスの
上から流し霜を溶かします。

寒冷地ではぬるま湯や水をかけても
またすぐに凍り付くこともあります。

少量ではなくバケツやホースで
どんどんかけるようにしましょう。

「デフロスター」などと
併用するようにすればさらに早く
霜をとることができます。

・解氷スプレーで解かす

「解氷スプレー」とは
スプレーするだけで
霜を解かすことができるスプレーです。

カーショップや量販店
ネット販売などで購入できます。


この解氷スプレー
実は簡単に手作りできるんです。

「解氷スプレー」作り方

材料:エタノール、水

作り方:

エタノールと水を
2:1の割合で混ぜるだけです。

例えば

エタノール200mlと水100mlを混ぜて
ペットボトルなどに入れて
保存しておくと便利ですね。

フロントガラスに霜が降りた時に
スプレー容器に必要なだけ移して
フロントガラスにスプレーします。

解氷スププレーは

・ゴムが劣化しやすくなる
・シリコン系の撥水コートが
効果がなくなってしまう

などの可能性があります。

スプレーしたらワイパーをす買わずに
丁寧にタオルなどで
ふき取るようにしましょう。

またシリコン系の撥水加工ではなく
フッ素系のシリコン加工に変更するか
シリコン系の撥水加工に対応した
解氷スプレーを使いましょう。

車のフロントガラスの霜にお湯は危険?

前章で車のフロントガラスについた
霜の取り方の一つに

「ぬるま湯や水をかける」ということを
紹介させていたできましたが

「寒冷地ではぬるま湯をかけても
またすぐに凍り付くこともあります。」

というくらいなら熱湯を
車のフロントガラスの上からかければ
いいんじゃないの?

と疑問に思いませんでしたか?

耐熱ガラスでない
ガラスのコップに熱湯を注ぐぐと
割れてしまうことがありますよね。

ガラスは温度の急激な変化に弱く
割れやくなるんです。

寒い日の朝に霜が降りた
フロントガラスはギンギンに冷えています。

そこに熱湯をかけると
割れてしまう危険性があるんです。

細かい傷などがあれば
そこからひびが入ってしまうことも
あるかもしれません。

熱湯ではなく
ぬるま湯や水をかけるようにしましょう。


スポンサーリンク

車のフロントガラスの霜対策を紹介!

寒い朝に霜が降りてから
「運転できない…」と慌てないように

事前に車のフロントガラスに
霜がつかない対策をしておくのが
一番いい方法かもしれませんね。

それでは車のフロントガラスに
霜がつかないようにするための
対策を紹介したいと思います。

・放射冷却で冷え込みやすくなる
・湿度が高くなる

などの条件がそろうとフロントガラスに
霜が降りやすくなります。

そのような場合には
次に紹介するような対策をしておくと

朝お忙しい時間にフロントガラスの
霜取りで慌てなくてすみます。

・フロントガラスを覆っておく

車を野外に止めるような場合は

フロントガラスに霜がつかないように
専用の「凍結防止カバー」や毛布などで

事前にフロントガラスを
覆っておくといいですね。

冬場は風が強くて
煽られることも多くあります。

カバーや毛布などが飛ばないように
風邪対策もしっかりしましょう。


・フロントガラスを撥水処理をしておく

フロントガラスを
撥水処理をしておくことで
夜露がつきにくくなるので

フロントガラスの霜防止になります。

また撥水処理しておくことで
ヘラで削る時も削りやすくなります。


・屋根のある所に車を移動しておく

フロントガラスの霜は
空気中の水分が夜露となって
フロントガラスについて凍って出来ます。

つまり夜露がフロントガラスに
つかないようにすればいいんですよね。

屋根のある場所に移動したり
庇(ひさし)や軒(のき)の下に
車を前部を前に駐車することで

フロントガラスの霜を
防ぐことができます。

車のフロントガラスの霜取り方法!お湯は危険?対策も紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・車のフロントガラスの霜取り方法は?
・車のフロントガラスの霜にお湯は危険?
・車のフロントガラスの霜対策を紹介!

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

冬の寒い朝
車のフロントガラスの白い霜。

霜の取り方や注意すること
霜がつかないために対策を紹介しました。

忙しい朝の時間に慌てないように
事前にしっかり
準備をしておくといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする