端午の節句の兜は何歳まで飾るの?捨てても大丈夫か処分方法を紹介!

端午の節句 兜 何歳まで 捨てる 処分

端午の節句のお祝い。

男の子が生まれて
初節句から毎年お祝いするご家庭も
い多いと思いますが

子供がだんだん大きくなってくると
何歳までお祝いしたらいいのかな?

と悩むお母さんも
多いのではないでしょうか?

そしてお祝いしなくなったら
兜などの五月人形はどうすればいいの?

って戸惑ってしまいますよね。

そこで今日は

・端午の節句の兜は何歳まで飾るの?
・端午の節句の兜は捨てても大丈夫?
・端午の節句の兜の処分方法は?

について書いてみたいとも思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

端午の節句の兜は何歳まで飾るの?

端午の節句の飾り「兜」や「鯉のぼり」は
いつまで飾ればいいのでしょうか?

端午の節句のお祝い
兜や鯉のぼりを何歳まで飾るかは
特に決まりがあるわけではないんですよね。

・七五三のお祝いがい終わる7歳まで
・小学校まで
・子供が興味なくなるまで
・15歳 中学卒業まで
・20歳 成人するまで

などという方が多いようです。

昔は用事が健康に育つ確率が低かったため
7歳まで育ってくれたら…

と願われていたそうです。

そこで7歳までとか小学校に上がるまで
と考えらたんでしょうね。

また昔は数え年で12歳~16歳で
「元服」とう成人になる儀式をしました。

この元服が終わると
大人になったと認められ
端午の節句のお祝いを
しなくなったいたようです。

中学校まで飾る
成人まで飾るというのは
そのような考えから来てるようです。

また子供が興味なくなったから
という人も多くいます。

兜は男の子の厄災を受けてくれて
健やかな成長を願い

鯉のぼりは立身出世を願うものです。

子供が成長しても親の願いは
一生続きますすよね。

お子さんに興味がなくなっても
お子さんが成長して大人になっても
端午の節句に兜を飾っておくのは
悪いことではありません。

ご両親が納得いくまで飾っておいても
いいのではないでしょうか?

端午の節句の兜は捨てても大丈夫?

とはいっても
いつかは飾らなくなってしまい
押し入れにしまわれたままになったりと

飾らなくなった兜や鯉のぼり。

どう処分していいかわからないし
ごみとして捨ててもいいの?

なんて思う人もいるかもしれませんね。

もちろん粗大ごみとして処分するのも
一つの方法ですよね。

実際にそうして処分している人もいます。

でも中には

子供の災厄を受けてくれて
健やかな成長と立身出世を願って飾った
兜や鯉のぼりを

ごみとして捨てるのは
ちょっと気が引けてしまう

という人もいるのも現実ですよね。

人形には魂が宿るとも聞いたことがあるし…

ごみとして処分した後に
何か良くないことが起ってた時に

あぁ~やっぱり…

なんて後悔するのは嫌ですよね。

もし粗大ごみとして処分するような場合は

・処分する前にきれいにしてあげる
・これまでの感謝の気持ちを伝える
・できれば一度飾って写真などに残す
・塩を振ってお清めをする
・白い半紙や和紙などに包つむ

などをして自治体の決まりに沿って
処分するようにします。

自分自身の気持ちに
悔いが残らないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

端午の節句の兜の処分方法は?

前章でも書いたように
男の子の災厄を受けてくれ
健やかな成長を願う兜んばどの五月人形
立身出世を願う鯉のぼりを

ごみとして捨ててしまうのは…
というときは
どう処分したらいいのでしょうか?

・供養して処分する

神社や寺院などで
しっかり供養して処分してもらうほうが
安心できますよね。

お近くの神社やお寺で兜など五月人形や
鯉のぼりを供養できるかを
一度尋ねてみるといいですね。

お近くに人形供養できる
神社やお寺がない場合は

全国の人形などを郵送で受け付けて
供養してくれる神社やお寺
代行してくれる団体などもあります。

「人形供養」と
ネットで検索すると出て着ます。

一度確認してみてください。

料金も5000円くらいからと
なっているようです。

・譲る

親族や知人などに聞いてみて
欲しいという人がいたら
もらってもらうのも一つの方法です。

五月人形は災厄を
受けてくれると言われているので

人に譲ると災厄も移るので
よくないと言われていますが

最近は物を大切にするとか
アンティークな物へ興味から
あまり気にしない人も多いようです。

もらってもらえそうな人がいたら
聞いて見るといいですね。

・寄付する

幼稚園や保育園
老人介護施設などに寄付するのも
一つの方法ですね。

これらの施設では季節の飾り物を
定期的に変えることも多く

端午の節句には五月人形を飾り
鯉のぼりをあげたりする
施設も多くあります。

ただしもうすでにある場合は
必ずもらってもらえるとは限りませんが…

・リサイクルする

リサイクルショップで
買い取ってもらったり

オークションでに出品するのも
いいかもしれませんね。

新たに使ってくれる人に渡って
兜や鯉のぼりに第二の人生を
歩いてもらうのもいいかもしれませんね。

端午の節句の兜は何歳まで飾るの?捨てても大丈夫か処分方法を紹介! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・端午の節句の兜は何歳まで飾るの?
・端午の節句の兜は捨てても大丈夫?
・端午の節句の兜の処分方法は?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

男の子の災厄を受けてくれてたり
健康や立身出世を願う
兜などの五月人形や鯉のぼり

親としての子供へのい願いは
変わりませんよね。

いつまでも大切に飾っておきたい
気持ちはあると思います。

でも何かの事情で
手ばなさなければいけなくなった時
処分する方法を
考えなくてはいけませんよね。

あなたが一番スッキリ納得できる方法を
選んで処分してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする