にんにくのおいしい食べ方!にんたまジャムの効果と実際に作ってみた!

にんにく 食べ方 にんたまジャム 効果 作ってみた

体にいいと言われる「にんにく」

手軽に食べれて臭いも気にならない
そんな食べ方はないかと
いろいろ調べていたら…

ありました!

ちょっと前にかなり話題になった
「にんたまジャム」

にんにくをジャムにして食べれば
手軽に臭いも気にせずたべれそう。

そこで今日は

・にんにくのおいしい食べ方を紹介!
・にんたまジャムの効果は?
・にんたまジャムを作ってみた!

について書いてみたいと思います。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

にんにくのおいしい食べ方を紹介!

体に良いにんにくだから
毎日摂取したいですよね。

でもどうやって
食べたらいいのかわからないし
臭いも気になるし…

という方も多いのではないでしょうか?

このブログでも先に
「にんにくの醤油漬け」を紹介ましたが

もっと手軽に美味しく
にんにくを食べる方法がありました。

それが「にんたまジャム」なんです。

にんたま???
…忍たま乱太郎?

を思い浮かべる人もいるかと思ますが
違います!

にん=にんにく
たま=玉ねぎ

にんにくと玉ねぎを
ペースト状にしたものなんですね。

2015年4月23日に
「あさチャン」
というテレビ番組で紹介され

一大ブームになった健康法なんです。

料理研究家の村上祥子さんが
考案したもので

一日に
ティースプーン2杯
ティースプーンこんもり1杯
食べるだけで

体に良いこと満載と
かなり話題になったんですよね。

熱を加えることによって
にんにくや玉ねぎの臭い成分が変化し
かなり臭いは抑えられるんです。

そのままパンに塗って食べたり
ヨーグルトに入れてみたりと
普通のジャムと同じように食べる

他いもいろんな料理の
調味料として使えたりと
使い勝手もいいんですよね。

にんたまジャムの効果は?

健康にいいと話題になった
「にんたまジャム」ジャムですが
具体的にはどんな効果や効能が
期待できるのでしょうか?

考案者の村上祥子さんのホームページでは
にんにくと玉ねぎのダブルの健康効果が
期待できるということなんです。

・血液がさらさらになる
・コレステロール値を下げる
・腸内環境を整える
・便秘解消
・アレルギー改善
・高血圧改善
・肌荒れ防止
・アンチエイジング効果
・疲労回復
・体力増強
・免疫力アップ
・血行促進
・冷え性改善
・生活習慣病予防
・がん予防
・肩こり改善
・腰痛改善
・動脈硬化予防
・殺菌効果

などなど
すごくないですか?

しかも作り方が簡単。
レンジとミキサーがあればいいんです。

実際の作り方は

[材料] できあがり400g
たまねぎ 500g(正味)
にんにく 100g(正味)
パルスイート(カロリー90%カット) 20g(砂糖の場合は60g)
レモンの搾り汁 大さじ2(30g)
水 100ml

[作り方] 【1】たまねぎは皮をむき、上側と根を切り落とす。にんにくも皮をむく。
【2】耐熱ボウルに[1]を入れ、水を注ぎ、両端をあけてラップをし、電子レンジ600Wで14分加熱する。
【3】汁も一緒にミキサーに移し入れ、パルスイート、レモン汁を加え、なめらかになるまで回す。
【4】耐熱ボウルに移し、ラップをせずに電子レンジ600Wで6分加熱する。
【5】完全に乾燥しているびんに熱いうちに移し、ふたをする。常温で1カ月、開封後は冷蔵で3カ月保存できる。
【6】たまねぎ・にんにくジャム氷にするときは、[3]の状態で冷まし、製氷皿流し入れ、ふたをかぶせて冷凍する。
【7】凍ったら、バットに水をはって製氷皿をつけてゆるめ、逆さにして製氷皿をひねってバットに氷を取り出す。ジッパー付きの保存袋などに入れ、冷凍庫で保存する。約2カ月保存可。1日1個(25ml)を目安に摂取する。

出典 祥子レシピCLUB

スポンサーリンク

にんたまジャムを作ってみた!

というわけで

今までに何度か「にんたまジャム」を
作ってみましが

村上祥子さんのホームページにあるレシピの

パルスイート  → はちみつ60g
レモンの搾り汁 → 黒酢30g

に変えるとより食べやすいとのことなので
今回は「はちみつ」と「黒酢」を
使ってみたいと思ます。

にんにく 食べ方 にんたまジャム 効果 作ってみた

今回は地元五島産の
にんにくと玉ねぎを使います。

レシピではにんにくは
100gになっていますが

レシピ通りに作っても
にんにく臭さはあまり感じないし
あまらせても使わないので
にんにく一袋分をすべて入れています。

今日は166gでした。

玉ねぎは2個でほぼ500g

にんにくを玉ねぎの上に置くと
にんにくが焦げることがあるそうです。

耐熱ボウルの代わりに
どんぶりを使っています。

まずにんにくをドンブリの下に敷きます。

その上に玉ねぎを乗せ
水を100㏄入れて
両端を開けてラップをしてレンジします。

うちのレンジは600Wの設定がないので
700Wで12分チンしました。

今回使うのは黒酢と五島産のはちみつ。

レンジが終わったら粗熱を取って
水分も一緒にミキサーに入れます。

粗熱を取るのは
ミキサーの注意書きに40℃以上の物を
入れないでくださいと
記載があったことと

熱いままの作業は危ないからです。

ミキサーに黒酢とはちみつを加え
滑らかになるまで回します。

2~3分で充分だと思います。

滑らかになったら
もう一度どんぶりに移します。

今度はラップをしないで
700Wで5分ほどレンジします。

少し濃ゆい色になっていますね。

熱いうちに
熱湯消毒した瓶に移せば完成です。

やけどしないように注意してくださいね。

今回もにんにくはレシピの
1.5倍以上入れていますが

私見ですがにんにく100gの時と
ほとんど変わらないくらいの臭いです。

全く臭いがしないわけではありませんが
食べるとほとんど感じません。

本当にリンゴジャムのような感覚で
食べることができます。

黒酢とはちみつを使うことで
よりまろやかになった気がします。

「にんたまジャム」
食べやすくて健康にいいので
おすすめですね。

にんにくのおいしい食べ方!にんたまジャムの効果と実際に作ってみた! まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・にんにくのおいしい食べ方を紹介!
・にんたまジャムの効果は?
・にんたまジャムを作ってみた!

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

にんにくと玉ねぎのダブルの健康効果を
一日ティースプーン2杯で
手軽に美味しくとれる

「にんたまジャム」

臭いは全くしないわけではありませんが
リンゴジャムのように
マイルドで美味しいペーストです。

一度試してみる価値はありそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする