にんにくの醤油漬けの作り方や発酵した時の対処法と食べごろはいつ?

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

今の時期 地元産のにんにくが
スーパーなどで売られていますね。

体に良いと言われる「にんにく」
常備食にしようと
地元産のにんにくを使って
「にんにくの醤油漬け」を作ってみました。

にんにくが食べやすくなるばかりか
漬け込んだ醤油もにんにくの香りが移り
便利な調味料にもなるんです。

そこで今日は

・にんにくの醤油漬けの作り方は?
・にんにくの醤油漬け 発酵したときの対処法は?
・にんにくの醤油漬け 食べごろはいつ?

について書いてみたいと思ます。

この記事が
あなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

にんにくの醤油漬けの作り方は?

地元産のにんにくが
お店屋さんに出回るこの時期

中国産のにんにくはちょっと…
でも青森さんのにんにくは高くて…

という方は
今地元産のにんにくがリーズナブルに
手に入るこの時期

「にんにくの醤油漬け」を作って
常備食として
保存してみてはいかがでしょうか?

とても簡単に作れる「にんにくの醤油漬け」

にんにくはそのまま生で食べても
刻んで調味料として使ってもよし

漬け込んだ醤油もにんにくの香りがする
調味料として使えます。

それでは「にんにくの醤油漬け」の
簡単な作り方を紹介していきましょう。

まずはにんにくを
一つ一つバラバラにします。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

にんにくのかたい根の部分を切り取り
一房一房薄皮まできれいにむきます。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

きれいにむいたにんにくは

・さっと湯を通す
・しっかり蒸す
・油で揚げる

などの下処理をする人もいます。

火をしっかり通したほうが
臭いもマイルドになり早く漬かります。

生のまま漬け込むほうが
にんにくの殺菌成分が活きるので
私は生のまま漬け込んでいます。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

にんにく以外には醤油と酢
そして漬け込む容器を用意します。

漬け込む容器は熱湯消毒して
きちんと乾かしておきます。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

にんにくを容器に入れ
酢を入れて一度洗って殺菌します。

焼酎(ホワイトリカー)やブランデーで
殺菌する人もいます。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

このまま酢に1週間ほど漬けて
にんにくのあく抜きをする人もいますが

にんにくの成分が酢に移ってしまうので
私はさっと洗うだけにしています。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

にんにくをざるにあげて
酢をよく切ります。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

にんにくを容器に戻し
醤油をひたひたになるくらいまで注ぎます。

醤油を一度沸騰させたり
砂糖や味醂を加えて漬ける人もいます。

私は甘口の醤油をそのまま使っています。

にんにく 醤油漬け 作り方 発酵 対処法 食べごろ?

そのまま冷暗所で保管します。

冷蔵庫で保管するという人もいますが
私は常温の冷暗所で保管します。

いかがでしたか?
作り方は簡単ですよね。

ただにんにくを
一房一房むいていく作業は
ちょっと根気がいりますが…

にんにくの醤油漬け 発酵したときの対処法は?

にんにくの醤油漬けを作ると
醤油の表面に細かい泡が…

容器のふたを開けると
小さくプシュッーと音がするし。

え?悪くなっているの?

きちんと容器も熱湯消毒したし
にんにくも酢で洗ってから
漬け込んだし…

まさか雑菌が繁殖した
なんていうことはないと思うけど…

と心配になる人も
いるのではないでしょうか?、

実はこの泡
にんにくが発酵しだしたのが原因なんです。

まぁ考えてみれば
にんにくの醤油漬けって漬物なんですよね。
単純に発酵食品なんじゃ?

それなら発酵して泡が出ても
不思議じゃないですよね。

にんにくの醤油漬けを作って
数日から2週間は
ガスがでて泡が立つようです。

にんにくを醤油漬けする前に
酢に1週間ほど漬け
あく抜きしてから醤油につけると
発行時のガスは出ないそうです。

にんにくを漬け込んだ酢は
ドレッシングなどに利用すれば
ロスにはなりませんね。

私はにんにくの生の成分が抜けてしまうので
酢で洗ってそのまま漬けます。

その場合は
ガスが発生しなくなるまでは

・ふたをきっちり閉めない
・ガーゼなどをゴムで留めて蓋代わりにする
・ラップなどで軽く蓋しておく

といいですね。

私はめんどくさがりなので
きちんと蓋をして
時折ふたを開けてガス抜きをしています。


スポンサーリンク

にんにくの醤油漬け 食べごろはいつ?

にんにくを醤油漬けして
気になるのは
食べごろではないでしょうか?

気候や保存状態
にんにくの大きさにもよると思いますが

約2週間から1カ月くらいで
辛さがまろやかになりだし

約3カ月くらいで
しっかり醤油漬けとして
食べれるようになります。

カリカリ感を楽しみたいなら
2週間目くらいに
辛みがなくなっていれば
食べごろと言えるかもしれませんね。

そんなに待てないという方は
にんにくをスライスして
醤油に漬け込むと

約1週間ほどでシャキシャキ食感の
浅漬けのにんにくの醤油漬けが楽しめます。

1カ月もすれば
しっかり漬かった醤油漬けの
にんにくが出来上がります。

きっちんと保存できれば
常温で保存しても1年以上も持ちます。

何年も持つという方もいます。

心配な方は冷蔵庫で保存してくださいね。

ただ冷蔵庫に入れると
出し入れするたびに温度差ででる
露が原因で雑菌が繁殖することも。

十分に注意してくださいね。

にんにくの醤油漬けの作り方や発酵した時の対処法と食べごろはいつ? まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事

・にんにくの醤油漬けの作り方は?
・にんにくの醤油漬け 発酵したときの対処法は?
・にんにくの醤油漬け 食べごろはいつ?

はあなたの
お役に立つことができたでしょうか?

生のにんにくを長期保存でき
常備食として手軽に食べることができる
「にんにくの醤油漬け」
を作ってみました。

にんにくだけでなく
漬け醤油も香りのいい
食欲のわく調味料として

・かけ醤油うあ漬け醤油
・チャーハンなどの料理の味付
・肉や魚の漬け込みタレ
などなど

様々な使い方ができます。

簡単にできて体にもいい
「にんいくの醤油漬け」
一度チャレンジしてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする