インフルエンザ 胎児への影響と妊婦は薬は飲める?過ごし方は?

インフルエンザ 妊婦

妊娠中の体調管理には気を使いますよね。

寒いこの時期
インフルエンザには特に注意が必要です。

それでももしウィルスに感染してしまったら…

妊娠中は体力や免疫力が下がっているために
インフルフルエンザにかかりやすく
重症化しやすくなっています。

肺炎などの合併症を引き起こしやすくもなります。

不安に思っているお母さんは多いですよね。

そこで今日は
妊婦さんがインフルエンザに感染した時の
胎児への影響や薬は飲んでもいいの?
などの対処法と過ごし方
について書いてみたいと思います。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

インフルエンザ 妊婦が感染した時の胎児への影響

インフルエンザ 妊婦

お母さんがインフルエンザに感染することで
お腹の赤ちゃんが将来的に
「統合失調症」「双極性障害」などの
精神疾患になる可能性が4倍になると言われています。

ですが一般的には
インフルエンザに感染すること自体は
お腹の赤ちゃんに大きく影響することはない
と考えられています。

ただお母さんがインフルエンザに感染することで
高熱をだしたり衰弱することでお腹の赤ちゃんに
影響がでる可能性はあります。

お母さんがインフルエンザに感染すると
お腹の赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」「心奇形」
になると言われること聞いたことがありませんか?

これもインフルエンザの影響というよりも
インフルエンザによる高熱が原因のようです。

考えられる影響としては

・発熱による羊水の温度上昇
・咳くしゃみやにより腹圧が上がりお腹が張りやすくなる
・下痢による腸の刺激で子宮が収縮する

などがありますが、
いずれもインフルエンザの症状が長引かなければ
赤ちゃんに大きな影響を与えることはありません。

妊娠中にインフルエンザに感染した場合には
重症化させないようにすることが大切です。

インフルエンザ 妊婦 薬は飲めるの?

インフルエンザ 妊婦

お腹に赤ちゃんがいるとき薬を飲んでも大丈夫なの?
と心配するお母さんは多いと思います。

結論から言えば「大丈夫」です。

逆にインフルエンザ薬投与が遅れた妊婦は
重症化率が高かったというデーターもあるそうです。

一般的に安全性が高いとされる
抗インフルエンザ薬として
タミフル、リレンザ、イナビルが用いららます。

タミフルについて

今年の6月、妊娠初期にタミフルを服用した場合の赤ちゃんへの影響について、妊娠と薬情報センターと虎の門病院が調査した結果が世界に発信されました。タミフルを妊娠初期に服用したのち出産した86人の女性のうち、1人の女性から先天異常の赤ちゃんが生まれましたが、これは通常の発生率と比較して高くありませんでした。一般的にすべての妊娠において、先天異常は約3%の確率で起こると考えられています。
調査人数が少ないため、この調査結果だけから結論づけることはできませんが、先天異常をもたらすリスクは高くないものと思われます。

出典 国立成育医療研究センター

吸入薬リレンザについては

リレンザは吸入で使用され局所で作用するため、母親の血中に移行する量もごくわずかであり、さらに口に残ってしまった分を飲み込んでしまったとしても、それも血中にはほとんど移行しないことがわかっています。 この薬剤を使用したとしても、胎児に重大な影響を及ぼす可能性はないものと考えられます。

出典 国立成育医療研究センター

吸入薬イナビル(ラニナミビル)については

本研究は大規模研究ではなく、また対照群も設定していないが、妊娠中のイナビル(ラニナミビル)服用は妊娠予後に悪影響は見られなかったことを示した。

出典 日本産科婦人科学会

インフルエンザ治療ガイドラインや
産婦人科ガイドラインでは、
治療上のメリットが危険を上回ると判断される場合だけ
インフルエンザウイルス薬が投与可能
だとしています。

インフルエンザの治療薬は
お腹の赤ちゃんにはほとんど影響がないと
考えられます。

発症から48時間以内に投与することが
最も効果があるとされてるため
お母さんの早期受診が大切です。

とはいえ
「インフルエンザ治療ガイドライン」
「産婦人科ガイドライン」では、
治療上のメリットが危険を上回ると判断される場合だけ、
インフルエンザウイルス薬が投与可能
とされています。

早めの診察でお医者さんの指導のもと
正しい治療をうけてください。

スポンサーリンク

インフルエンザにかかった時の過ごし方

インフルエンザ 妊婦

実際にインフルエンザに感染してしまった後
どのように過ごせばよいのでしょうか?

・十分に睡眠、休養をとる

安静にして抵抗力・免疫力を養うことが大切です。

上の子どもがいる場合の世話や家事など
気になることが多くあると思いますが
十分に睡眠をとり休養することが大切です。

・水分の補給

発汗、嘔吐、下痢などから大量の水分が
体から奪われてしまいます。

また水分を摂ることにより自己免疫力も上がり
早期改善につながります。

そのために十分に水分を補給してください。

・消化吸収の良い食事をする

食欲がない時に無理に食べる必要はありません。
その場合は水分をしっかり補給してください。

熱が下がって食欲がでたら
消化吸収の良い食事を心がけてください。

・こまめに着替える

汗で冷えてしまわないようにこまめに着替えをしてください。

・部屋の環境を整える

ウィルスは低温、乾燥した環境を好みます。
部屋の温度は22度くらい、湿度も50~60%に保ちましょう。

・部屋の空気を入れ替える

部屋にウィルスが充満しないように気を付けましょう。
少なくとも1~2時間に1回はしっかり換気することを
心がけてください。

・マスクをしっかりする
・鼻をかんだテッシュはビニール袋にしっかり入れる
など家族に感染しない配慮も必要になります。

インフルエンザ 胎児への影響と妊婦は薬は飲める?過ごし方は? まとめ

妊娠中のインフルエンザ。
不安がいっぱいですよね。

症状を感じたら
まずはかかり付けの産婦人科のお医者さんに
すぐに連絡して相談してください。

早めの受診が重要になります。
そしてしっかり療養することです。

一番大切なのはお腹の赤ちゃんとお母さん自身の体です。

素敵なマタニティ-ライフをお過ごしください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする