インフルエンザ予防接種 妊婦は?胎児への影響といつから受けれる?

インフルエンザ 妊婦

お腹に赤ちゃんがいるお母さんにとって
これからの季節 インフルエンザは
心配なことのひとつですよね。

インフルエンザの予防接種を受けていいの?
受けれるの?
やめたほうがいいの?
迷いますよね。

受けるとしても
お腹の赤ちゃんには影響はないの?
副作用はないの?
と不安になりますよ。

そこで今日は

・インフルエンザ予防接種 妊婦は受けても大丈夫?
・インフルエンザ予防接種 胎児への影響は?
・インフルエンザ予防接種 妊婦はいつ受けたらいいの?

について書いてみたいと思います。

この記事があなたに少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種 妊婦は受けても大丈夫?

インフルエンザ 妊婦

インフルエンザの予防接種を受けても
感染する人もいるし効果あるの?
って思いますよね。

インフルエンザの予防接種の効果は
完全でないんです。

しかし重症化を防ぐことができるので
予防接種を勧めてているのですね。

特にお腹の中に赤ちゃんがいる
お母さんはインフルエンザに感染すると
重症化しやすくなっています。

・免疫力が低下するため

お腹の赤ちゃんを異物と判断して
排出しないように免疫力が下がるようになっています。

・心臓や肺に負担がかかっている

心臓は普段の1.5倍働いてると言われます。

肺も赤ちゃんの成長で押上られ圧迫されるため
働きが悪くなります。

・抗インフルエンザ薬の投与への不安

抗インフルエンザ薬は安全とされていますが
お医者さんにより判断が分かれる
ところでもあるようです。

投与するかどうかはお医者さん次第
ということになります。

重症化を防ぐために投与する
お医者さんが増えているようですが…

重症化は特に14週以降になると
顕著になると言われています。

お腹に赤ちゃんがいる場合

インフルエンザの予防接種を受ける
副作用もほとんどなく

インフルエンザにかかって重症化する
危険性のほうが大きいと判断して
インフルエンザの予防接種を受けることを
すすめる産婦人科のお医者さんが多いようです。

WHO(世界保健機関)は
妊婦さんをインフルエンザワクチンの
優先的予防接種の対象としています。

また厚生労働省も
流行時期に入る前のインフルエンザの予防接種
を奨励しています。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種 胎児への影響は?

インフルエンザの予防接種を
受けたほうがいいと言われても
お腹の赤ちゃんの影響が気になりますよね。

インフルエンザワクチンは病原性をなくした
死滅したワクチン(不活化ワクチン)ですので
お腹の赤ちゃんにもお母さんにも
胎児に影響を与えることはありません。

インフルエンザワクチンには防腐剤として
有機水銀(チメロサール)が入っています。

微量なので赤ちゃんにもお母さんに
影響ないとされています。

妊婦さん用に防腐剤の入っていない
無添加のワクチンもあります。

かかり付けのお医者さんに相談してみてください。

インフルエンザ予防接種 妊婦はいつ受けたらいいの?

インフルエンザ 妊婦

インフルエンザワクチンは接種して
すぐに効果が出るものではありません。

抗体ができるまでには2週間~4週間かかります。

流行する時期を考えながら接種することが大切です。

10月~11月初旬には予防接種をすましておきたいですね。

また接種するのは
妊娠全期間で可能とされています。

ただし妊娠14週未満の初期の頃は
自然流産しやすいため
インフルエンザの予防接種は
避けて方がいいとも言われてます。

根拠はないようですが…

妊娠初期は流産の可能性が高いと海外では
妊娠中期以降の接種を勧めています。

インフルエンザの予防接種する時期も
流行する時期や赤ちゃんの成長もふくめて
かかり付けの産婦人科のお医者さんと
相談してみてください。

インフルエンザ予防接種 妊婦は?胎児への影響といつから受けれる? まとめ

インフルエンザは家族感染しやすいため
予防接種はお母さんだけではなく
お子さんや旦那さんも必ず受けるように
しましょう。

また
・人混みへの外出は避ける
・外出する時は必ずマスクする
・外出先から帰ったらうがい
・手洗いをしっかりする
・部屋の湿度を適度に保つ

などの予防方法も合わせて予防しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする