インフルエンザ 子供が高熱を出したときの対処法と過ごし方!

インフルエンザ 子供

インフルエンザのシーズン

子供が急に40℃の熱…どうすればいいの?

子供が急に高熱を出すとインフルエンザ?
って不安になりますよね。

少しでも早く楽にさせてあげたい!

そんな時どう対処すればいいの?
どんなことを気をつければいいの?
どう過ごせばいいの?

と迷うお母さんも多いようです。

そんなお母さんの不安を解消できる情報を調べてみました。

少しでも早く的確に対処することで
子供の症状も早く楽にしてあげれると思いまいす。

ぜひお役立てください。

スポンサーリンク

インフルエンザ 子供が高熱をだしたら?

インフルエンザ 子供

11月下旬から春先はインフルエンザに要注意の季節です。

この時期に急な発熱
インフルエンザかなと心配しますよね。

・38℃の熱が急に出る
・頭痛、倦怠感、疲労感、関節痛、筋肉痛などの
 全身に症状が出る
・身の回りにインフルエンザ患者がいる

などが当てはまればインフルエンザの可能性があります。

小さな子供は倦怠感どは伝えきれませんが、
ぐずったりして咳、鼻水の症状がなく
急に発熱するとインフルエンザの可能性大です。

小児科でお医者さんに診てもらってください。

ただしあまり早く受診すると正確な検査結果が
出ないこともあるようです。

発熱から6~12時間を目安に受診してください。

発症から48時間以内であれば
タミフル・リレンザ・イナビルなどの
抗インフルエンザ薬を使用することで
熱を早くさげることができます。

48時間を過ぎるとウィルスが増殖しすぎて
ウィルスの増殖を抑えきれなくなってしまいます。

早めに受診することでインフルエンザの症状を
最小限に抑えることができるんです。

インフルエンザ 子供が高熱を出した時の3つの対処法

インフルエンザ 子供

子供が高熱を出した時の対処法としては
3つの対処法があります。

1.解熱剤を使う
2.身体を冷やす
3.水分しっかり補給する

順番に診ていきましょう。

スポンサーリンク

1.解熱剤を使う

子供の体は40℃くらいの熱でダメージを
受けることはないので心配することはないそうです。

熱が出るのは子供の体の中の免疫力が
『熱』という武器で頑張って
ウィルスと闘っている証拠です。

解熱剤などで安易に熱を下げようとすると
免疫力の『熱』という武器を奪い取って
しまうことになってしまいます。

38.5℃以上の熱があって

・ぐったりしている時
・水分を摂ることができにくくなった時
・つらそうで夜も眠れなくなった時

など闘いに疲れた体免疫力を少し休ませるつもりで
解熱剤を使うのが効果的です。

高熱があっても子供が元気なら
解熱剤を使わなくても大丈夫です。

連続して使う場合は6時間以上間隔をあける必要があります。

また市販の解熱剤の中には
インフルエンザ合併症を起こす原因に
なるものもあります。

お医者さんから処方してもらう解熱剤を
指示された量と時間間隔を守って使用してください。

解熱に関しては自己判断はしないで
しっかりお医者さんの指示に従うように。

個人差がありますが通常3~5日高熱が続きます。

それ以上の日数熱が下がらないような時
様子がおかしいと思われるときは
もう一度受診してみてください。

肺炎・脳炎・脳症などの
インフルエンザ合併症起こしてる可能性があります。

2.身体を冷やす

熱があるとよくおでこを冷やしますが
より効果的に体を冷やすには

・首回り
・脇の下
・足の付け根の内側

の太い血管が集まっているところを冷やすことです。

冷やされた血液が体中をめぐり身体の中の熱を
ほどよく冷やしてくれます。

熱がどんどん上がって寒気を感じるときは体を温めてください。

体温が高くなり熱く火照っるようになったら
体を冷やすようにしてください。

汗をかいた服やおむつなどはこまめに変えることも忘れずに。

3.水分しっかり補給する

高熱が続くときは発熱や発汗で
かなりの水分が奪われてしまいます。

脱水症状がひどくなると命に係わることにもなります。

発熱時に奪われるのは水分だけではなく
塩分や大量のミネラルも失います。

市販のスポーツドリンクでも大丈夫ですが
塩分が若干少なめになっています。

薬局などで販売されている経口補水液で水分補給をしましょう。

インフルエンザ 子供の過ごし方は?

インフルエンザ 子供

・寒気があるうちは体を温めてゆっくり休める

・体温が上がって火照りが出てきたら体を冷ます

・汗が出たらこまめに着替えさせる

・水分をしっかり補給させる

・部屋の環境を保つ
(室温20~22℃ 湿度40~60%)

・部屋の空気の入れ替えをこまめにする

・周囲に感染しないように気を付ける

・食欲がない時は無理に食べない
(バニラアイスはおすすめです)

・おかゆやうどんなど消化にいいものを食べる

・お風呂は体力が戻るまでは控える

などに気を付けて過ごしてください。

タミフルを服用することで
異常行動が起きるとされていましたが
インフルエンザにかかることが
異常行動の原因になる可能性があるようです。

長時間一人にしないように気を付ける必要があります。

高熱が続いたり
いったん下がって再び熱が出るような時は
肺炎などの合併症の可能性があるので
もう一度お医者さんに診てもらってください。

解熱してから2日(幼児は3日)は
保育園、幼稚園、学校に行くことはできません。

感染予防のためにしっかり守ってください。

インフルエンザ 子供の高熱どう対処する?気を付けることと過ごし方! まとめ

いかがでしたでしょうか?

インフルエンザは重症化すると
命のもかかわるような病気になります。

症状を知って早めに対処することで
子供のつらい症状を少しでも早く
楽にしてあげることができます。

お子さんが早く元気になりますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする