初詣はいつまでに行けばいいの?神社での参拝の仕方は?お寺では?

初詣 神社 お寺

大晦日深夜近くからお正月にかけて
テレビでは多くの人でにぎわう
有名な神社やお寺の初詣の様子が流れます。

あの人混みの中に初詣するのはちょっと…
と思う人も多いですよね。

混む時期をずらすにしても
いつまでならだいじょうぶなんだろう?

初詣ってふつうのお詣りとちがうんだっけ?

と悩んじゃいますよね。

初詣はいつまでに行けばいいの??
初詣の仕方ってどうするの?
お寺にお参りする時は?

今日はそんな悩みについて調べてみました。

この情報がお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク

初詣はいつまでに行けばいいの?

初詣 神社 お寺

年が明けて初めて神社やお寺にお詣りして
一年無事過ごせたことに感謝をし
新年良い年でありますようにと願う初詣。

いつまでに行けばいいのでしょうか?

調べてみると

・元旦(1月1日)にお詣りするのが初詣
・三が日(1月1~3日)にお詣りするのが初詣
・松の内にお詣りするのが初詣

と大きく3つの考えがあったようです。

松の内とは

門松を飾っている期間のことを言います。
(しめ縄や鏡餅も同様に飾っておきます)

もとは
1月15日にその年の神様が天に帰られた後
1月20日にお供えしていた鏡餅を食べて
お正月が終わっていたそうです。

徳川家光が4月20日に亡くなったことで
関東では20という数字を忌み嫌い

関東では
1月7日までが松の内
1月11日が鏡開き

になったということです。

関西では
1月15日までが松の内
1月20日が鏡開き

というところもまだまだ多くあるようです。

一家の長が大晦日から元旦にかけて
地域の守り神(氏神)がいる神社にこもって
家内安全や豊作を祈願した
『年籠り(としこもり)』という習慣があったそうです。

その『歳籠り』が
大晦日の夜にお参りする『除夜詣』
元日の朝にお参りする『元旦詣』に分かれ
その『元旦詣』が『初詣』になったということです。

つまり元旦に行くのが初詣だったんです。

除夜の鐘をききながら歳をまたいで
お詣りすることを二年参りと言いますが
『歳籠り』に通じるものがあるかもしれませんね。

今では初詣は三が日(1月1~3日)に
お参りするものという考えが一般的です。

ただ『松の内』に行くという考えや
小正月(1月15日)
二十日正月(1月20日)
までという地域もまだまだあるようです。

余談になりますが『恵方参り』
初詣になったという説もあります。

『恵方参り』とは
自分の住まいからみて
縁起のいい方向(恵方)にある神社やお寺に
お参りすることを言います。

恵方の神社やお寺にはその年の福を司る神様
『歳神神(としがみさま)』がいて
そこにお参りするんですね。

節分に縁起のいい7種の具を巻いた太巻きを
その年の恵方に向かって丸かじりする
『恵方巻』も恵方を大切にする風習なんです。

ちなみに恵方は

2018年 南南東
2019年 東北東
2020年 西南西
2021年 南南東
2022年 北北西
2023年 南南東
2024年 東北東
2025年 西南西
2026年 南南東
2027年 北北西
2028年 南南東
2029年 東北東
2030年 西南西

となっているようです。

明治以降は恵方参りの風習は次第に薄れ

・近くにある神社や寺院
・大きな神社や寺院
・ご利益がありそうな神社や寺院
・特定の願い事に特化した神社や寺院

などをそれぞれの都合で選んで
参拝するようになってきているようです。

実は初詣はいつまでと
決まっているわけではありません。

「1月中なら大丈夫」という考えや
「その年初めて参拝した時が初詣」
という考えもあるようです。

行きそびれたり
面倒だから行かないとかではなく

お詣りできるときに
無事生きて入れることへの感謝と
新たな年を幸せに過ごせるように
神様にしっかり伝えておきたいですね。

スポンサーリンク

初詣 神社での参拝の仕方は?

実際にはどのように参拝したらいいのでしょうか?

基本的にはふだんの参拝の仕方と一緒です。

・鳥居をくぐる前に服装の乱れを整えます。

・神様を敬う気持ちを表すために
 軽く会釈をして境内に入ります。

・参道の中央は神様の通り道なので
 歩かないように注意してください。

・手水舎で身を清めます。

手水の仕方

手水には
参拝のまえに心と体を清めるという意味があります。

1.あらかじめハンカチを用意しておきます。

2.一礼をして手水を始めます。

3.右手でひしゃくの柄を持ち水をすくいます。

4.まず左手を洗います。

5.柄を左手に持ち替え右手を洗います。

6.もう一度柄を右手に持ち左手に水をためます。

7.その水で口をすすぎます。

8.今一度 左手を洗います。

9.ひしゃくを両手で静かに立てて
柄の部分を水で流し
ひしゃくをもとの位置に戻します。

10.ハンカチで口と手をふきます。

11.最後に一礼して手水を終えます。


・二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

拝礼の仕方

1.御神前に着いたらまず小さく一礼します。

2.お賽銭を入れます。

3.鈴があればそっと鳴らします。

4.深く二礼します。

5.胸の前で手を合わせ
右手を少し引き
二回手をたたきます。

6.右手を元に戻します。

7.もう一度深い礼をします。

8.最後に小さく一礼して
御神前を下がります。



・参道を戻るときも中央を歩かないようにします。

・鳥居をくぐるときは向きを変えて
 もう一度軽く会釈をします。

初詣ですること

・古いお札やお守りを奉納する

・新しいお札やお守りを買う

・絵馬を奉納する

・破魔矢や羽子板など縁起物を買う

・おみくじをひく 奉納する

などを初詣時にするようです。

初詣 お寺での参拝の仕方は?

1.山門前で本尊に向かって一礼する

神社の鳥居にあたるのが山門になります。

神社の時と同じように身なりを整え
一礼して敷居を踏まないように入ります。

やはり道端を歩くようにします。

2.手水舎で身を清める

神社と同じ方法で身を清めます。

3.鐘をつくことができるならつく

一般参拝者でも鐘を付ける場合は
仏様に挨拶する意味で鐘をつきます。

許可していない寺もあるのでご注意ください。

また参拝後につくのはNG行為になります。

4.ろうそくと線香の用意があれば
 購入してろうそく線香をあげる。

5.本堂に入ったら一礼して
 お賽銭を納める。

6.鰐口(わにぐち)があったら鳴らす。

7.合掌して一礼して祈願する。

柏手を打たないように注意してください。

合掌するとうことは仏と自分が
一つになることを示しています。

また合掌してお祈りする時は

浄土真宗系であれば「南無阿弥陀仏」
日蓮宗系であれば「南無妙法蓮華経」
真言宗系であれば「南無大師遍照金剛」

など宗派や本尊によって違う言葉を唱えます。

わからないときは
南 無 帰 依 仏 (なむきえぶつ)
南 無 帰 依 法 (なむきえほう)
南 無 帰 依 僧 (なむきえそう)

と唱えればいそうです。

8.もう一度一礼する。

9.山門からでる

山門から出るときは本尊向かって合掌一礼します。

初詣はいつまでに行くの?神社での参拝の仕方は?お寺では? まとめ

いかがでしたか?

・初詣はいつまでに行くの?
・神社での参拝の仕方は?
・お寺でのお参りの仕方は?

はわかっていただけましたか?

これらを知ることによって
初詣に興味をもっていただけたでしょうか?

初詣の参拝は欲望を祈願するために
行くのではないそうです。

今まで無事に生きてこられたことに感謝し
多くの人が幸せに生きれるように祈りたいですね。

今年もよい年でありますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする