七草粥はいつ食べるの?食べる意味とどんな栄養が入っている?

ナズナ(ぺんぺん草)

お正月過ぎると
スーパーには「七草粥のセット」が
売り出されていいますね。

七草粥を食べるって聞いたことあるけど…

七草粥って言われても
私も知らないことばかりでした。

そこで今日は

・七草粥っていつ食べるの?
・七草粥ってどんな意味があるの?
・七草粥にはどんな栄養が入っている?

について書いてみます。

七草粥のことをしっかり知ってから
ぜひ食べてみてくださいね。

今年一年きっと素敵な年になりますよ。

スポンサーリンク

七草粥はいつ食べるの?

七草粥 いつ 意味 栄養

お正月を過ぎると食べる七草粥。

何日に食べればいいの?
朝?昼?晩御飯に食べるの?

実はちゃんと決められているんです。

1月7日「人日(じんじつ)の節句」の朝
食べるとされています。

「人日の節句」とは一年のうちに5回ある
五節句のうちの一つです。

邪気を払い、無病息災を願う日
とされているそうです。

ちなみに5節句とは

1月7日「人日(じんじつ)の節句」
(「七草の節句」ともいわれます)

3月3日「上巳(じょうし)の節句」
(「桃の節句」「ひなまつり」ともいわれます。)

5月5日「端午(たんご)の節句」
(「菖蒲の節句」「こどもの日」ともいわれます。)

7月7日「七夕(しちせき)の節句」
(「笹の節句」「たなばた」ともいわれます。)

9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」
(「菊の節句」ともいわれます。)

のことを言います。

1月6日の夜に厄を払うおまじない

七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン

などの七草囃子(ななぐさばやし)
を唱えながら七草をまな板の上で刻んでおいて

1月7日の朝に七草の入ったおかゆを
つくって食べます。

ちなみにおまじないの中の
『唐土の鳥』とは災いをもたらす鳥のことのようですね。


七草粥を食べる意味は?

1月7日朝作った七草粥は
まず神様に御供をします。

それから家族で一緒に食べて
一年の無病息災、五穀豊穣

「病気や災害にも合わず
豊かに暮らせますように」

と願いを込めていただきます。

七草は早春に雪を分けて芽吹き
「邪気を払う」ともいわれることから
邪気を払う意味も込められているそうです。

また、忘年会やクリスマス
お正月と暴飲暴食になりやすい時期

疲れた内臓を休めるために食べる
という意味もあるようです。

冬場に不足しがちな青野菜の
栄養を補給するためにも理想的な食事ですね。

スポンサーリンク

七草粥にはどんな栄養があるの?

七草粥 いつ 意味 栄養

では、七草粥には何を入れるのでしょうか?

セリ・ナズナ
スズナ・スズシロ
ホトケノザ
ゴギョウ・ハコベラ
これぞ春の七草

五・七・五・七・七
のリズムで覚えさせられませんでしたか?

この春の七草を入れて作るのが
七草粥なんです。

それぞれの春の七草には
縁起のよい意味が込められています。

その意味を含めて
どんな栄養素が入っているかを
説明していきますね。

セリ

七草粥 いつ 意味 栄養

「競り勝つ」という縁起のいい意味が
込められている『セリ』

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC
カリウム、鉄分、リン
β-カロテン、食餅繊維などを含んでいます。

また生薬(水芹)としてもちいられ
食欲増進、発汗、解熱、利尿作用
神経痛、リュウマチ、黄疸
などの効果があります。

ビタミンA
・免疫力を高める
・風邪やインフルエンザを予防
・視力維持
・皮膚や粘膜の健康維持

ビタミンB郡
・疲労回復

ビタミンC
・活性酸素の働きを抑える
・アンチエイジング
・美白、美肌効果
・免疫力アップ

カリウム
・疲労回復
・利尿作用
・高血圧防止

鉄分
・貧血の予防、改善
・冷え性の、改善
女性は毎月生理があったり
妊娠出産で鉄分が不足しがちです。
鉄分をしっかり取る必要があります。

リン
・骨や歯の形成、代謝に関わる
子供や高齢者には欠かせないミネラル

β-カロテン
・活性酸素の働きを抑える
・動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病から守る
・皮膚や粘膜細胞を正常に保つ
・免疫力アップ
・目の健康
・がん予防
・アンチエイジング

食物繊維
・腸の働きを整える
・便通をよくする、便秘解消
・コレステロール排出
・糖の吸収を遅らせ、糖尿病予防
・免疫力を高める

ナズナ(ぺんぺん草)

七草粥 いつ 意味 栄養

「なでて汚れをはらう」という
縁起のいい意味を持つ『ナズナ』

ぺんぺん草とも呼ばれています。

ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC
ビタミンK、カリウム、カルシウム
鉄分、食物繊維
などを含んでいます。

ビタミンK
・カルシウムの吸収促進
・骨粗鬆症予防、骨の強化
・止血作用

カルシウム
・骨や歯の材料
・筋肉の収縮に関与
・血液凝固作用
・イライラやストレスを静める

亜鉛
・アレルギーを抑制する
・骨を丈夫にする
・脱毛防止
・精力増強
・糖尿病を防止

スズナ蕪(カブ)

「神様を呼ぶ鈴」として
縁起物とされている『スズナ』

のことですね。

ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC、
β-カロテン、カリウム、カルシウム、鉄分、
食物繊維、アミラーゼ
などの栄養分が含まれています。

アミラーゼ
・消化を助ける
・胃腸の働きを助けます
・胃もたれや胸やけ防止

スズシロ(大根)

七草粥 いつ 意味 栄養

「汚れのない純白さ」を表すと
されている『スズシロ』

大根のことです。

ビタミンA、ビタミンC、β-カロテン、
食物繊維、ジアスターゼ、フラボノイド
などの栄養素を含みます。

ジアスターゼ(=アミラーゼ)
・消化を助ける
・胃腸の働きを助けます
・胃もたれや胸やけ防止

フラボノイド
・活性酸素を抑制する
・自然治癒力を強化する
・血液の循環を良くする
・コレステロールを減少させる
・生活習慣病のリスクを下げる

ホトケノザ

七草粥 いつ 意味 栄養

「仏の安座」と名前から
縁起がよさそう『ホトケノザ』

実は栄養素などはあまり知られていないようです。

・胃を健康にする
・整腸作用
・抗酸化物質
・筋肉の痛みをやわらげ、
・高血圧予防にも効果があります。
・解熱、鎮痛作用

などの効用があるとされています。

ゴギョウ(母子草・ハハコグサ)

七草粥 いつ 意味 栄養

「仏体」を表す縁起物と
言われている『ゴギョウ』

別名を母子草(ハハコグサ)と言います。

ゴギョウも栄養成分も詳しくはわからないそうですが

・咳をとめる
・のどの痛みを和らげる
・痰を抑える
・利尿作用
・むくみを取る
・気管支炎の緩和

などの効果があると言われているそうです。

ハコベラ

七草粥 いつ 意味 栄養

「繁栄がはびこる」として
縁起のいい植物とされている『ハコベラ』

ビタミンB群、ビタミンC、
カルシウム、カリウム、
カロテノイド、フラボノイド、サポニン

などの栄養素を含んでいます。

カロテノイド
・強い抗酸化作用
・生活習慣病の予防
・白内障の予防

サポニン
・抗酸化作用
・免疫力強化
・アンチエイジング
・コレステロールの除去
・動脈効果の予防

七草粥はいつ食べるの?食べる意味とどんな栄養が入っている? まとめ

いかがでしたか?
七草粥について理解はできましたか?

想像以上に栄養価が高いのには驚きましたが…

今年は1月6日の夜に
「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」
と七草囃子をうたいながら
七草をたたいて

1月7日の朝に
家族そろって幸せを願いながら
七草粥を食べてみませんか?

今年一年が幸せのとしでありますように!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする