成人式の準備いつから?着付けや前撮りは?費用はどれくらい?

成人式 準備 いつから 着付け 前撮り 費用

子供が高校卒業の頃になると
成人式の振袖や小物の
レンタルや購入のダイレクトメール
が届き始めます。

まだ1年半以上も前のこの時期に…
と思う方も多いようです。

実際のところ
成人式の準備はいつから始めればいいのでしょうか?

今日は
・成人式の準備いつから始めればいいの?
・成人式の準備するものは?
・費用はどれくらいかかるの?

について書いてみたいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

成人式の準備いつから始めればいいの?

成人式 準備 いつから 着付け 前撮り 費用

成人式の振袖選び

レンタルのするのか?
購入するか?

そもそも成人式に出席するのか?

成人式にはスーツで出席して
その分お金でもらって旅行を楽しむ!
という子もいるようです。

高校を卒業すると
親元を離れて暮らしだしたり
サークル活動や
バイトで忙しくなったりと
ゆっくり話ができる機会もどんどん減ります。

高校を卒業する頃には
成人式の振袖をどうするかを
しっかり話しをしして
決める必要があります。

成人式の振袖の新作も
10月頃から発表され
1月には出揃います。

前年の成人式が終わった後から
3月くらいまでには
振袖を用意しておきたいですね。

特にレンタルの場合は
小さなサイズ
大きなサイズは
もともと用意されている数が少なめです。

できるだけ早め予約しないと
選べる種類はどんどんなくなっていきます。

また振袖を早めに予約することで
・振袖の値段や小物の割引
・着付けや撮影無料サービス
などの特典があるところがほとんどで
・卒業式の袴のレンタル
などのサービスをする呉服店などもあります。

実際にいろいろ調べて
比較してみてくださいね。

前撮りや当日着付けの予約も
予約順なので
いい日や時間は
早くに埋まってしまいますので
早めに予約することをお勧めします。

ただ早めがいいからと
高校を卒業した5月くらいに
予約する人もいるようですが

好みが変わりやす時期でもあり
友達や芸能人の影響などで

予約した振袖を後悔することもあるようです。

着付けの予約も
呉服店のサービスを使わない場合
近所の美容室では1年前なら
まだ予約に余裕があるところもあります。

1年半以上も前に
無理に予約をしなくても大丈夫です。

呉服店も
サービスの着付けを利用しない場合
着付けヘアメイク代金
25000円~30000円くらいを
値引きしてくれるところがほとんどです。

振袖を用意するのは
前年の成人式が終わった後から
3月くらいまでが一番のおすすめ時期になります。

購入の場合でも
仕立て上がりまでには2か月ほどかかります。

お直しの必要が出た場合や
前撮りのことを考えると

振袖を用意するのは
前年の成人式が終わった後から
3月くらいまでが最適な時期と言えますね。

成人式の着付けや前撮りは?

成人式 準備 いつから 着付け 前撮り 費用

振袖購入(またはレンタル)が
決まったら
着付けやヘアメイク
前撮りの段取りをします。

購入した呉服店やレンタル店で
セットになっていたりする場合は
そちらでの予約も可能です。

呉服店のサービスを使わない場合
自前の着物を着る場合は
自分で美容院の予約をする必要があります。

着付け、ヘアメイクの予約

予約受付は1年前から始まるようです。
遅くても前年の10月までには
予約しましょう。

前撮りする場合の
着付けやヘアメイクも
同時に予約しましょう。

髪型打ち合わせ

成人式の着付けやヘアメイクを
予約できる美容院は
いつも通っている美容院でとは限りません。

事前に尋ねて
ヘアスタイルやメイク
の打ち合わせをしておくほうが安心です。

相性や好みなどもあるでしょうから
納得ができるまで話ができるといいですね。

前撮り予約

前撮りはいつがいいのでしょうか?

日焼けしない時期…
夏まえにするのがおすすめです。

5月のゴールデンウィーク
親元を離れているお子さんも
帰省に合わせて撮影できますね。

日焼けを心配する必要がなく
おすすめのおすすめです。

ネイル予約

成人式前はネイルサロンも混んでしまいます。
早めに予約しておいてください。

1日~3日前までにはすませておくことが大切です。

あまり早いと伸びたところが目立ってしまったりします。

もちろんネイルシールなどを使って
自分でするのもいいですね。

スポンサーリンク

成人式の費用はどれくらいかかるの?

成人式 準備 いつから 着付け 前撮り 費用

気になる成人式にかかる費用は
いくらくらいになるのでしょうか?

振袖を
レンタルする場合と
購入する場の費用と
それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

振袖をレンタルの場合

・着付け
・ヘアメイク
・小物
・前撮り

を含めて

10万円~30万円が相場です。

30万円以上のレンタル商品もあります。
この場合は購入も考えて方がいいですね。

メリット

・成人式だけの着用なら購入するより安くなります。

・着る機会ごとに違う柄やデザインを選べる。

・着た後の手入れをする必要がありません。

・新作も気軽に試すことができます。

デメリット

・何度も振袖を切る場合は、購入するより高くなる。

・お気に入りの柄がレンタルできるとは限りません。

・自分に合ったサイズの振袖があるとは限りません。

・レンタル商品なので汚したり破ったりしないかと気をつかう。

・新作や人気柄は高くなってしまいます。

振袖を購入の場合

・着付け
・ヘアメイク
・前撮り
などすべてついて

約30万円~100万円以上

新作で
45万円~50万円くらい

100万円以上の着物もありますね。

メリット

・卒業式、お正月、結婚式、
お見合い、結納など
3回以上着る機会があれば割安になります。

・自分の好きな柄やデザインを選べます。

・自分のサイズに合わせられるので着姿が美しくなります。

・妹がいる場合は一緒に使える

・思い出を形として残せます。

・自分の子供や孫にも着せることができます。

デメリット

・レンタルよりも費用がかかる

・着た後の手入れや虫干しなどの管理保管が必要になる。

自前の着物を着る場合

着付けやヘアメイク前撮り
の費用として
3万円~7万円必要になります。

すこし豪華なアルバムにすると
10万円以上予算が必要になることもあります。

着用後のクリーニング代も
1万円~2万円は必要になります。

また家族や親せきを招待しての食事会では
1人5000円~のコース料理の費用も必要になります。

成人式の準備いつから?着付けや前撮りは?費用はどれくらい? まとめ

いかがでしたでしょうか?

思っていたより早くから準備が必要なんだなぁ。
予算も思った以上にかかるなぁ。

と思いませんでしたか?

振袖のも早く決めるほうがいいと思います。
お店の方も早く決めるように勧めるようです。

購入するかレンタルするかを早めに決めて
納得のいくまでお店を見て回ったり
オンラインで調べたりしててくださいね。

最近ではオンラインの
着物のレンタルショップも
大手の呉服店に引けを取らない
充実した品揃えとサービスを
備えたショップも多くあります。

着物レンタル365もおすすめのショップです。

古典柄から華やかな着物まで
多くの種類の振袖がそろえられています。

一生に一度の成人式。

しっかりお子さんと話あって
素敵な想い出になるような
成人式にしてあげたいですね。

スポンサーリンク